視力回復のトレーニングとレーシックのブログ ★ 視力回復 『 レーザー( レーシック )・民間療法 』





視力矯正 コンタクトレンズカテゴリの記事一覧

コンタクトレンズの歴史と製造方法。

コンタクトレンズの歴史と製造方法。

コンタクトレンズの歴史 」
・1508年:レオナルド・ダ・ヴィンチが視力矯正器具としてのコンタクトレンズのアイデアを考案。但し、俗説であるとの意見も。
・1887年:オーゲン・フィックにより初のガラス製コンタクトレンズが作られる。
・1932年:イギリス ICI 社により透明度の高いプラスチック PMMA が開発され、
同年、アメリカのロームアンドハース社によって市場に導入される。
・1936年:アメリカの Obrig と Muller が PMMA をレンズに使用できることを実証。
・1937年:ウイリアム・フェインブルームによりガラスとプラスチックの半合成レンズが作られる。
・1940年: Obrig により全プラスチックのレンズが作られる。
・1948年:アメリカの Touhy が PMMA を用いてハードタイプのコンタクトレンズの原型を作り出す。
・1949年:日本で初めて水谷豊博士(当時:名古屋大学)が臨床試験に着手。
・195・1年:日本で初めて水谷豊博士が円錐角膜患者に対し、臨床的に成功を収める。
・1950年代:ソフトタイプのコンタクトレンズが登場。チェコスロバキア (当時) の オットー・ウィフテレ(Wichterle)が発明したアクリル系ハイドロゲルを使用。
・1970年ごろ: RGP が登場。
・1988年:アメリカのFDAが使い捨てコンタクトレンズを認可。


コンタクトレンズの製造方法 」
素材は安く、製造方法も簡単であり、製品の原価は驚くほど安い
レンズの価格=開発費と考えた方が良いです。

・切削研磨法
・遠心注型法

コンタクトレンズの歴史と製造方法。


トーフル(TOEFL)のスコアを上げるために!視力回復のトレーニングとレーシック♪ 視力回復 ドットコム(レーシック・トレーニング)品川レーシック。『品川近視クリニックでレーシック手術!! 』視力回復のトレーニングとレーシックのブログ ★ 視力回復 『 レーザー( レーシック )・民間療法 』 加藤ローサの画像♪『 加藤ローサと結婚に憧れて 』(加藤ローサ無料画像館)トーフルを受験する!トーフルのスコアを上げる!( TOEFL ・ TOEIC )トーフル受験でハイ スコアを目指す!( TOEFL ・ TOEIC ) トーフルで海外留学!!!大学生苦難の道「走ってみるか!アフィリエイトで。」滝川クリステルの画像置き場♪( 無料画像館) 視力回復とレーシック手術の関係。 デトックスフットバスで健康になろうよ♪ ソニー生命の学資保険は学生の味方♪視力回復のトレーニング、レーシックを考える♪ 視力回復のトレーニングとレーシックのブログ ★ 視力回復 『 レーザー( レーシック )・民間療法 』

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。